避妊について

TOP > 避妊について

ここでは女の子ができる避妊の方法を紹介していきたいと思います。

ここで注意しておかないといけないことが、どのような避妊をしても「100%」妊娠しないということはありません。

どの避妊方法でも、小さい確率ではありますが、妊娠をしてしまう事もありえるのです。

ですので、性行為はある程度の覚悟をもってする必要があります。信頼できない人とのHは絶対にやめてくださいね!!


一番下に中絶アンケートがあります。
  経験のある方は是非ご協力お願いいたします。



コンドームには色々な種類があります。どのようなコンドームがあるか
興味のある方は⇒コンドームの詳細・購入はこちらを見てみてください!!




☆一覧☆
コンドーム
ピル(ピルの説明と種類)
ピル(低用量ピル)
ピル(中用量ピル)
膣外射精

↑上の一覧をクリックすると見たい項目の結果をすぐに見ることができます!!



コンドーム・・・・・・・・・コンドームとは、非常に薄いゴムで出来ている袋で、
                   男性のあそこにつけ、男性がいく時に射精される、
                   精子が女性の膣内に挿入する事を防ぐ道具です。

          長所・・・・ちゃんと装着をすると避妊性が非常に高い。
                簡単に手に入る。

          短所・・・・男性女性共にすこし、違和感を感じてしまう事がある。

  ※装着時の注意点・・・・男性のあそこにつけるときには空気をしっかりと抜いておく。

                袋から出す時にキズをつけないようにする。

                一度Hを始めてから、男性が射精する前に装着するのではなく、
                挿入をする時点でつけておく。

         ※男性が付けるのを嫌がる場合などには、
           女性が付けてあげるのがいいようです。なるべく付けてあげるように
           してみて下さいね。

すぐぴた3点セット【コンドームSHOP TENPAKU】 男性に持ち合わせが無い時もないとは限りません。女性も自分の身を守る意味で持っていた方が良いと思います。薬局で買うのはやっぱり勇気がいるので、インターネットで買う手もあります。
この商品はテープをはがすだけで着ける事ができるので片手でもつけられます。是非着ける時は女性の方から着けてあげてみてくださいね☆





ピル(説明と種類)

ピルには「低容量ピル」と「中容量ピル」がります。
実際に「経口避妊薬」として、産婦人科で処方されるのは
「低用量ピル」の場合がほとんどです。
(症状その他で、中用量ピルを選択する場合もあります)


ピルは奥の深い、便利だけどリスクのとても高い
薬です。何かハプニング、疑問に当たったら、自分で解決出来ない場合、
まずドクターに説明を求めた方が良いと思います。
安易な判断が、とんでもない結果になる場合もありますので。


  




ピル(低用量ピル)

低用量ピルは2種類あります。(21錠タイプ、28錠タイプ)
どちらも必ず、「生理初日」から服用です。

使用方法

(21錠タイプ)
実薬(生理初日から)→7日休薬→次のシート

毎日同じ時刻に服用して、21錠タイプはシートを全部飲み終わった後、
7日間、休薬(何も飲まない期間)します。大抵、その間に「消退出血」
という出血があります。出血が終わっていても続いていても、
8日目には、新しいシートのピルを飲み始めます。
休薬期間は7日厳守。それ以上間隔を空けてしまうと、次のシートの分の
避妊効果は無くなるので注意。対処できる場合もありますが、医者と相談
して判断して下さい。


(28錠タイプ)
実薬(生理初日から)→プラセボ→次のシート です。

21錠の実薬と7錠の偽薬(プラセボ)が一緒になって
1シートにまとまってます。
偽薬は、ピルではありません。ピルに見立てた砂糖などで作った「こんぺいとう
」みたいな物です。このプラセボの役割は、飲み始めの飲み忘れを防ぐため。
これを実薬が終わっても、飲み続けていれば、シートが空になったら次の
シート・・・という感じで、休薬期間が空き過ぎる事なく次のシートに
移れます。絶対間違わない!って人は、飲まなくても構いません。
21錠タイプは、全部ホルモン量が同じですが、28錠タイプは、含まれてる
ホルモン量が、数錠づつ違います。(ピルの種類によって何錠ごとかは
違いますが、色分けされてます)飲む順番を間違えない様にして下さい。


副作用
最初の数シートは、シートの途中で不正出血があります。不正出血も
個人差で、全く無い人もいますが、もし不正出血があっても、ピルは飲み続けて
下さい。ピル暦3年の女性の方でも、今だに不正出血ある方もいます。。
副作用も、色々で、全く無い人もいますし、物凄い「うつ病」になってしまう
人もいます。その他、吐き気、頭痛、めまい(ちょうどツワリみたいな)
乳房のハリ(半端じゃない場合も)、性交痛、性欲減退、性欲増進、
色々です。


休薬期間中の出血

個人差がありますが、最初は休薬期間中に
出血しない人も居ます。逆に1シート飲み終わって無いうちに、
ふつうの生理くらいの出血が始まる場合もあります。
あまりにも異常な出血量は別ですが、不正出血に関しては、そのまま飲み続けて
ても大丈夫の場合がホトンドです。


ダイアン35 (副作用の心配のない低容量ピル)【アイ・ウェルネスショップ】 女の子の心配な副作用の不安がないピルです。世界中の避妊薬の中でも高評価を受けています。
副作用の不安が無いのはとても安心できますよね!!






ピル(中用量ピル)・・・合成ホルモン剤でこれを飲むことにより、
                    ホルモンの働きで排卵の起こらない状態を作り
                   避妊するものです。

          長所・・・・使用するのが非常に簡単(服用するだけ)

                使用法を正しく守れば、避妊性が非常に高い

                
いくつかの性病を防ぐ効果がある

          短所・・・・服用し続けないと効果がありません。

  ※使用方法・・・・・・・・・生理開始後5日めから飲み続け、21日間同じ時間に服用する。
                22日目から7日間服用を停止します。
                通常であればこの期間に生理が来ますが、


               
 こない場合でも服用を停止し、8日後から飲み続けます。
                ですから21錠が1単位になります。

  ※使用時の注意点・・・17歳以下の女性
                良くタバコを吸う人
                血圧の高い人
                精神状態の安定しない人
                これらの方たちは服用を控えたほうがいいみたいです。





膣外射精・・・・Hの最中に男性が射精する直前に、男性の性器を膣外に出し射精することです。

          長所・・・・避妊をする手間が一番かからない

                避妊用具による不快感がない

          短所・・・・妊娠率が非常に高い。

              女性をいかせてあげるタイミングが難しい。

  ※使用時の注意点・・・男性の精液はHの最中に少しずつ出ています。それにより妊娠してしまう
                事もあります。
                また、男性の性器を抜くタイミングが少しでも遅れると、かなりの量の精子
                があそこに流れてしまいます。
                この場合、女性があそこを洗浄しても効果はありません。
                射精の瞬間に男性の精子は少しの時間で女性の子宮に入ってしまいます。
                何億という数の精子があそこに入ってしまうので、完全に洗浄することは
                ほぼ不可能です。
                膣外射精の方法は、妊娠する覚悟がある時以外はやらない方が
                いいと思います。



※もし間違い等があり気づいた方はこちらから教えてくださいね。



中絶に関するアンケートを募集しています。
 経験のある女性の方は答えられる箇所だけでよいので 
 是非ご協力よろしくお願いいたします。


☆中絶に関するアンケートです。




☆中絶に関するのアンケート結果です☆